日ロ沿岸市長会
日ロ沿岸市長会とは
日ロ沿岸市長会議沿革
日ロ沿岸市長会規約
日ロ沿岸市長会会員名簿
日ロ沿岸市長会役員名簿
ロ日極東シベリア友好協会会員名簿
リンク
 >サイトマップ
日ロ沿岸市長会
 日ロ沿岸市長会事務局
 〒951-8550 
 新潟市中央区学校町通1-602-1
 新潟市経済・国際部国際課内
 TEL:025-226-1674,1675
 FAX:025-225-3255
 E-Mail:
 kokusai@city.niigata.lg.jp

日ロ沿岸市長会
トップページ > ウラジオストク市概要・観光情報

ウラジオストク市

◆人口                 628,000人
◆面積                 561,54 ku
◆市長名               プシカリョフ イーゴリ セルゲエヴィチ
◆市役所の所在地     690091 ウラジオストク市オケアンスキー大通り20
◆担当部署       国際関係・観光局
               TEL   +7(423)2614-357, 2614-107
               FAX   +7(423)2614-133
               E-mail  virc@vlc.ru
◆ホームページ    http://www.vlc.ru/

◆市のPR

 ウラジオストクは日本海に面した港湾都市であり,アジア太平洋地域に開かれたロシアの玄関口である。ウラジオストクは産業,交通,科学,文化の中心地であり,アジア太平洋地域におけるロシアの国際交流拠点となっている。本市は金角湾沿いの風光明媚な丘陵地帯に位置し,船舶の停泊地,商業港・漁港,造船会社の立地として好適地である。街の多くのものは海や海軍と関連がある。ウラジオストクは文字通り,海と海に付随するものすべてと共に生きる街である。第二次世界大戦の際に海軍基地となったため,ウラジオストクは外国人の立ち入りが禁止され,その後1992年になって再び開放された。今日,数千人もの外国人観光客が本市を訪れ,ロシア人,日本人,中国人,韓国人など実にさまざまな国籍の人々が暮らし,働いている。本市では国際交流も盛んである。ウラジオストク市は世界各国の20市と姉妹・友好都市関係を結び,50市以上とパートナー関係を締結している。数十もの共同プロジェクトが実現されており,この将来性ある協力関係は年を追う毎に拡大している。
 ウラジオストクには19か国の総領事館や名誉領事館があり,多くの外国企業の代表部が開設されている。本市は魅力的な海外投資先であり,いつでもビジネス関係を構築し発展させる用意がある。毎年12万人を超える外国人旅行者が同市を訪れ、3万人の外国人が居住している。
 ウラジオストクは文化の都である。詩人,音楽家,作家,さまざまな趣味を持つ人も多い。ウラジオストクは祭典の都市であり,以下のような国際フェスティバルも行われる。 
 − アジア太平洋諸国国際映画際「パシフィック・メリディアン」(2003年より開催)

 − 国際ジャズフェスティバル「インターナショナル・ジャズ・フェスティバル」(20年以上の歴史をもつ)
 − ウラジオストク・ビエンナーレ(アジア,ヨーロッパ,アメリカの芸術家たちが集う)
 − 海洋大学国際フェスティバル「世界の大洋の若き船長たち」
 − 姉妹都市による各種国際青少年フェスティバルなど(全部で20以上)
 ウラジオストクはダイナミックに発展を遂げる町である。2012年秋には本市でAPEC首脳会合が開催された。これはロシア国内で行われた最初のAPEC会合となった。本市は巨大な建設現場となった。市内ではAPECに向けた準備が精力的に行われ,斜張橋,ルースキー島の連邦大学新校舎,水族館,新国際空港その他多くの誇るべき施設の建設計画が実行された。諸施設の建設に,国は200億ドルを超える投資を行った。

ロ日極東シベリア友好協会会員

◆ハバロフスク市 ◆ユジノ・サハリンスク市 ◆イルクーツク市
◆ナホトカ市 ◆ペトロパヴロフスク・カムチャツキー市 
◆ジェレズノゴルスク・イリムスキー市 ◆ブラーツク市 ◆ウラン・ウデ市 
◆シェレホフ市 ◆ネヴェリスク市 ◆ホルムスク市 ◆ドリンスク市
◆ポロナイスク市 ◆ビロビジャン市 ◆ヤクーツク市
◆ブラゴヴェシチェンスク市 ◆ワニノ市

Copyright(C) 2007 日ロ沿岸市長会. ALLRights Reserved.