日ロ沿岸市長会
日ロ沿岸市長会とは
日ロ沿岸市長会議沿革
日ロ沿岸市長会規約
日ロ沿岸市長会会員名簿
日ロ沿岸市長会役員名簿
ロ日極東シベリア友好協会会員名簿
リンク
 >サイトマップ
日ロ沿岸市長会
 日ロ沿岸市長会事務局
 〒951-8550 
 新潟市中央区学校町通1-602-1
 新潟市経済・国際部国際課内
 TEL:025-226-1674,1675
 FAX:025-225-3255
 E-Mail:
 kokusai@city.niigata.lg.jp

日ロ沿岸市長会
トップページ > ジェレズノゴルスク・イリムスキー市概要・観光情報

ジェレズノゴルスク・イリムスキー市

◆人 口         26,200人
◆面 積         435.76ku
◆市長名        シェスチョラ ユーリー イワノヴィチ
◆市役所の所在地  665653 イルクーツク州ジェレズノゴルスク・イリムスキー市20-8
◆担当部署名     市長秘書,組織・行政部
               TEL/FAX +7(39566)300-08
               E-mail    zhelek-city@rambler.ru

◆市のPR
 
 ジェレズノゴルスク・イリムスキー市は,イルクーツク州ニジネイリムスキー地区の行政の中心地で,アンガラ・レナ高原の北東,イリム川から16kmのところに位置している。ジェレズノゴルスク・イリムスキー市から州都イルクーツク市までは,鉄道で1,224km,飛行機で490kmである。1648年,ジェレズナヤ山の鉄鉱石産地にコルシュニハと呼ばれる居住地ができた。村の名は,コルシュニハ河畔(イリム川の右側支流)が由来となっており,この川は,17世紀に産地を発見したロシア人炭鉱者シェスタチキ・コルシュノフにちなんで名づけられている。
 1950年代,近代的な鉄鉱石採掘が開始されるようになると,労働者団地となり,ジェレズノゴルスクと命名された。
 1965年9月20日,ロシア共和国最高会議幹部会令により,ジェレズノゴルスクは区政府が所轄するジェレズノゴルスク・イリムスキー市と改称された。
 市内では,139の大企業,中小企業が活動している。
 197910月7日から8日にかけて,ウラン・ウデ市において,ジェレズノゴルスク・イリムスキー市(ソ連邦)と酒田市(日本)の間で友好交流締結に関する合意書が締結された。
 合意書では,両市の代表者は,あらゆる分野における交流を発展させ,両市の市民が文化,科学,教育,保健,スポーツなどで理解を深めるため全面的に協力する必要性を確認し,公式訪問団や専門家の交換を行うこととなった。
 
本市は日本の酒田と姉妹都市であり,友好交流の豊かな経験を積み重ねてきた。

ロ日極東シベリア友好協会会員

◆ハバロフスク市 ◆ユジノ・サハリンスク市 ◆イルクーツク市
◆ナホトカ市 ◆ウラジオストク市 
◆ペトロパヴロフスク・カムチャツキー市  ◆ブラーツク市 
◆ウラン・ウデ市 ◆シェレホフ市 ◆ネヴェリスク市 ◆ホルムスク市 
◆ドリンスク市
 ◆ポロナイスク市 ◆ビロビジャン市 ◆ヤクーツク市
◆ブラゴヴェシチェンスク市 ◆ワニノ市

Copyright(C) 2007 日ロ沿岸市長会. ALLRights Reserved.