日ロ沿岸市長会
日ロ沿岸市長会とは
日ロ沿岸市長会議沿革
日ロ沿岸市長会規約
日ロ沿岸市長会会員名簿
日ロ沿岸市長会役員名簿
ロ日極東シベリア友好協会会員名簿
リンク
 >サイトマップ
日ロ沿岸市長会
 日ロ沿岸市長会事務局
 〒951-8550 
 新潟市中央区学校町通1-602-1
 新潟市経済・国際部国際課内
 TEL:025-226-1674,1675
 FAX:025-225-3255
 E-Mail:
 kokusai@city.niigata.lg.jp

日ロ沿岸市長会
トップページ > ブラゴヴェシチェンスク市概要・観光情報

ブラゴヴェシチェンスク市

◆人口         229,561人(2014年現在)

◆面積         321k㎡

◆市長名        カリタ ワレンチナ セルゲエヴナ

◆市役所の所在地  675000 アムール州ブラゴヴェシチェンスク市レーニン通133

◆担当部署名     組織業務局 国際関係・儀典課

            TEL/FAX  +7(4162)595-720, 595-698
              FAX      +7(4162)991-812

            E-mail     in@admblag.ru

◆ホームページ    www.admblag.ru


◆市のPR
 ブラゴヴェシチェンスク市はアムール州の行政,政治,経済,文化の中心地である。市には,州の人口の4分の1が暮らしている。市民の42%は30歳以下の若年層で,平均年齢は36歳である。
 市内にはソ連時代のロコソフスキー元帥に因んだ極東軍事教育機関,ネヴェリスキー提督に因んだ国立海洋大学分校,3つの大学,医療アカデミー,さらに専門学校などがある。
  ブラゴヴェシチェンスクからモスクワまでは,鉄道でほとんど8,000kmの距離がある。
 ブラゴヴェシチェンスク市には国際ツーリズム発展のための諸条件が揃っている。ブラゴヴェシチェンスク空港は国際空港であり,中国その他のアジア太平洋地域の国々と航空路で結ばれている。
 市内には,ホテル・レストランが整っている。ホテルは28軒あり,中にはカテゴリー「3」,「4」クラスのホテルもある。外食産業関連の施設は373である。
 ブラゴヴェシチェンスク市はアムール州の産業の中心地であり,多様な製品の産出を誇る。本市では種々の食品,電力・熱エネルギー,出版・印刷製品,電気設備,各種建材,家具などの生産が行われている。本市で製造される菓子類はアムール州の大規模・中規模工場で製造される総量の98.5%,食肉とモツなどの鶏肉副次品は97.9%,全乳製品98.6%,半加工肉製品とマカロニ製品95.8%を占め、ゴム、プラスチック、建機や鋼鉄組み立ては、アムール州内ではブラゴヴェシチェンスク市でのみ行われている。
 現在,ブラゴヴェシチェンスクは,中国の五大連池市と友好提携を締結している。ブラゴヴェシチェンスクは中国の黒河市と国境を接しているため,100年以上にもわたる通商関係,友好交流の歴史がある。当市にとって中国のハルビン市,愛輝区(旧称:)との協力関係は伝統的なものである。市内には,ロシア外務省代表部や,中国 黒河市人民政府経済貿易代表部がある。
 市内には,9,636の企業が登録されており,個人事業主数は8,452に上る。

ロ日極東シベリア友好協会会員

◆ハバロフスク市 ◆ユジノ・サハリンスク市 ◆イルクーツク市
◆ナホトカ市 ◆ウラジオストク市 
◆ペトロパヴロフスク・カムチャツキー市 
◆ジェレズノゴルスク・イリムスキー市 ◆ブラーツク市 ◆ウラン・ウデ市 
◆シェレホフ市 ◆ネヴェリスク市 ◆ホルムスク市 ◆ドリンスク市
◆ポロナイスク市 ◆ビロビジャン市 ◆ヤクーツク市 ◆ワニノ市

Copyright(C) 2007 日ロ沿岸市長会. ALLRights Reserved.